キャッシング 在籍確認 電話

管理人が体験した、在籍確認の電話対応…。

 

 

お金を借りる時に避けて通れないのが、審査の一項目である在籍確認です。

 

在籍確認とは勤めている会社に連絡がきて
本当にその人が在籍しているかどうかを確認する作業です。

 

そりゃあ消費者金融にしても銀行にしても、
返せる見込みのない人には貸したくないワケなので
申込者が本当のことを言っているのか確認するのは当然といえます。

 

管理人は在籍確認される側じゃなくて、同僚の在籍確認の電話を対応をしたことがあります。

 

今回は、その時の体験談を紹介したいと思います。


 

在籍確認の電話はまじで会社名名乗らない。

 

在籍確認の電話対応

在籍確認の電話とは知らずにいつも通り電話に出ました。

 

通常の電話だと大体、

 

「株式会社○○の■■ですが、▲▲さんはいらっしゃいますか?」
というような感じで、当然のように会社名を最初に言うのがマナーです。

 

ですが、その在籍確認の電話はいきなり

 

「■■(個人名)ですが、▲▲(同僚のフルネーム)さんはいらっしゃいますか?」
と、唐突に言ってきたんです。

 

管理人は一日に何回も電話対応しているので、相手のパターンは大体わかってたつもりだったんですが、
どう考えてもなんか違和感を感じる電話だったので、すぐに取り次がず、

 

「どのようなご用件でしょうか?」と聞き返しました。

 

すると・・・。

 

「個人的な内容です。」とはっきり言われたので、渋々本人に取り次ぎましたが、
「???」となっている管理人の対応に違和感を感じた他の同僚たちは
みんな電話にすごーく注目していました。(笑)

 

というか、そもそも在籍確認が入った同僚はアルバイトで、

在籍確認の電話

本人宛に電話がかかってくるようなことはまずないようなポジションです。

 

だから余計に注目を浴びたんでしょうが、すごく気まずそうにしていました…。

 

結局電話が終わった後、みんなに「どうしたん?」「何の電話?」って聞かれて、
「在籍確認です…」って正直に応えざるを得なくなっていました。(汗)

 

 

あの時の何とも言えない社内の空気と言ったら…ゾッとします。

気まずい

 

他人事なんで笑えましたけど、自分だったらまじで嫌だな〜って思いましたね。

 

在籍確認してくるほうももう少しましな対応は出来ないのかな?
っていうくらい不自然だったんですもん!

 

管理人以外の人が対応しても、すごく違和感を感じたと思います。

 

これを思うとやっぱり在籍確認がないキャッシング会社から借りたいな〜って思いましたね。

 

そこで管理人は在籍確認の電話がないキャッシング会社を見つけ出したので、
次のページで紹介してます。

 

ごく一部だけですが、在籍確認なしに出来るキャッシングってあるんです。