女性がキャッシングする前に知っておきたい返済の話

女性がキャッシングするときに気になる返済の話。

悩む主婦

将来のことをよく考える女性だからこそ、
キャッシングしたあとのことを考えてしまう気持ち、とても分かります。

 

キャッシングは借りた翌月から返済が始まるので、
一時お財布が潤ったと思いきや、早速現実に引き戻されてしまいます。(汗)

 

女性キャッシングでも容赦なく返済は迫ってくるので、
初めての返済に備えてキャッシングの返済について知識を増やしていきましょう!

 

キャッシング、返済の仕方一覧

 

来店、店舗ATM キャッシング会社の店舗に直接来店、もしくは、

無人契約機のATMにて返済する方法。

 

手数料がかからないのが最大のメリットです。

提携先ATM 提携先のATMを使った返済方法。

 

キャッシング会社のほとんどがコンビニATMと提携しているので、
気軽に利用できるのが人気の理由でしょう。

銀行振込 近くに提携ATMなどがないときに、ATMから指定された口座に振り込む方法。

 

手数料が余分にかかってしまうデメリットがあります。

口座振替 事前に登録を済ませ、決まった日程に自動で引き落とされる返済方法。

 

銀行口座の残高がなくならない限りは自動で返済がすすみ、
支払い遅れなどを引き起こしにくいのがメリットです。

WEB返済 スマホやパソコンからボタン一つで返済する方法。

 

ネットバンクが利用できる口座を指定するのがポイントです。

 

キャッシングの返済方法は主に5つ。手数料がかからない返済方法は?

 

どれがいいの?

キャッシングの返済方法は上に上げたとおり主に5つあります。
キャッシング会社によって返済サイクルや返済日は若干違いますが、
大体同じような返済方法を用意しています。

 

女性がキャッシングの返済をするときに気になることの一つが、手数料ではないでしょうか?

 

5つの中で手数料がかからないのは以下3つです。

  • 来店・店舗ATM
  • 口座振替
  • WEB返済

 

提携先ATMでもキャッシング会社によってはサービスとして決まった銀行のATMなら手数料0円だったり、
月○回までは無料というサービスもありますが、
安心して手数料0円で利用できる返済方法はこの3つだと思います。

 

わたしは忘れっぽいところがあるので、キャッシングする際には必ず口座振替の手続きをしていますが、
口座振替の設定ができるまでの期間は店舗のATMで返済するようにしていました。

 

キャッシングの最低返済額は?

 

返済の単位

女性キャッシングとはいえ、返済は一般のキャッシングと同じです。

 

少しでも月々に支払う額を減らしたい場合は、
そのキャッシングの最低返済額の単位を見なければなりません。

 

ちなみに、このサイトで紹介しているキャッシングではこうなっています。

 

プロミスレディース 残りの借入残高により変更あり。

5万円借りたら、翌月2,000円からの返済可能。

みずほ銀行カードローン 最低返済額 10,000円

 

みずほ銀行カードローンは実質年率が低い上に、毎月の返済額も1万円と高めなので、
徹底して早く返済をすすめたい人、出来る限り支払う利息を抑えたい人に向いています。

 

逆にプロミスレディースは実質年率が高めな代わりに、毎月の返済額も少額です。
返済に期間がかかり支払う利息も上がってしまうけど毎月の返済額を抑えたい人向けです。

 

 

TOP PAGEに戻る