女性が即日キャッシングできるおすすめサイトを紹介

子供の教育費は1人当たり1000万円!?

 

 

管理人にはまだ子供はいませんが、もちろんいつか子供は欲しいなと思っています。

 

でも、子育てにはお金がかかるというので、
うちの子は一人っ子になるのかな、なんて子作りにも躊躇してしまいます。

 

管理人も知りたい、「子供の教育費の貯蓄方法」、
3人のお子さんを育てている職場の先輩ママに聞いてみました!


 

3人の子供を育ててきた私が言うとするならば、

 

はっきりいって子育てにお金はかかります!でも子供なしの人生、もはやありえません!

 

 

幼稚園から大学まではこんなことにお金がかかります。

小学生

  • 学校教育費
  • 学校給食費
  • 学校外活動費
  • 入学料
  • 授業料
  • 施設設備費
  • 習い事、塾、家庭教師費
  • 生活費

 

もちろん高校までずっと私立だったり、大学に行かなかったりすると費用も変わりますが、
一般的にこれらの平均をとると、1000万円かかると言われています。

 

そんなお金を私がどうやって貯蓄したかを教えます!

 

 

誰にでも絶対にできる私の貯蓄方法教えます!

 

チェック

 子供の誕生と同時に子供名義の口座を開設する!

通帳

まず子供が生まれたら口座開設をします。
子供の名義でも大丈夫ですし、共同名義にしても構いません。

 

理由は、出生祝いとして金銭を受け取ることが多いからです。
このお金を自分たち夫婦の貯蓄にするのではなく、
手を出しにくい子供名義の通帳に入金しましょう。

 

チェック

 児童手当には絶対手を出さない!

児童手当、これが貯蓄の大半になります!

支給対象年齢

月額支給額

0才〜3才未満

15000円

3才〜小学校修了前まで

10000円、ただし第3子以降は15000円

中学生

10000円

 

我が家の場合、児童手当だけでこれだけの貯蓄ができました!

 

第1子と第2子

貯金

15000円×36ヶ月=540000円(0才〜3才未満)
10000円×120ヶ月=1200000円(3才〜小学校終了前まで)
10000円×36ヶ月=360000円(中学生)

 

子供が中学卒業するまでに、合計210万円の児童手当の貯金ができます!

 

第3子

貯金

15000円×36ヶ月=540000円(0才〜3才未満)
15000円×120ヶ月=1800000円(3才〜小学校終了前まで)
10000円×36ヶ月=360000円(中学生)

 

子供が中学卒業するまでに、合計270万円の児童手当の貯金ができます!

 

 

チェック

 貯蓄をしやすい時期にママも仕事をはじめる!

産後すぐに仕事復帰をする人も多いですが、私の場合子供が幼稚園に入った頃に仕事をはじめました。

 

仕事

幼稚園では延長保育、小学校では留守家庭児童会の利用ができます。
お金は多少かかりますが、働ける時間が伸びることを考えれば微々たるものです。

 

扶養枠として働き、年間約100万円の収入がありましたが、
幼稚園から高校までの15年間で約1500万円の収入を得たことになります。

 

これで子供3人に均等に500万円ずつの貯金ができたことになります。

 

 

これだけで子供一人当たりにつき、約800万円の貯金ができました!残りは・・・。

この資金を元に、最近ではジュニアNISAなど投資も人気となっています。

 

年間80万円の非課税投資枠から得られた譲渡益、分配金や配当金に対して、税金が非課税になるというものですが、
ジュニアNISAは2016年から運用されはじめたので、私は利用することはありませんでした。

 

主婦

800万円の貯金ができ、あともうちょっとの貯金が欲しかったところですが、
そんな時には女性が利用できるキャッシングを利用しました。

 

私のまわりでも、大学の入学金や授業料などまとまったお金が必要なときには
キャッシングを利用している人が多かったからです。

 

パートとはいえ、働いているだけで返済能力はあるとみなされ、簡単に借入ができます。

 

そして、主人のボーナスが入った時にまとめて返済する、という感じで上手に教育費を支払うことができました。

 

私が利用した女性向けのキャッシングはこちらを参考にしてみてください。

女性による女性のためのおすすめ即日キャッシング3選!