女性が即日キャッシングできるおすすめサイトを紹介

結婚を考えてる人に教えたいブライダルローン!

 

 

「ブライダルローン」って聞いたことありますか?

 

管理人が結婚したのは1年半前のこと。

 

もうみなさんおわかりだと思いますが、独身時代はとにかく物欲にかられ貯金なんてなかったので、
結婚式にかかる費用を聞いて愕然としました・・・。

 

旦那もそこまで貯蓄がなかったので、友人から聞いたブライダルローンにお世話になったのですが、
結婚式を挙げる費用がないと困っている人がいたら、必見ですよ!


 

結婚式にかかる費用って知っていますか?

結婚式

 

招待人数にもよりますが、挙式料や料理、衣装、写真、引き出物などをあわせると、
世の平均金額は350万円とも言われています!

 

原則前払いとも言われているこの結婚式費用ですが、
夫婦の貯金や親からの援助を受けながら支払うケースが一般的となっています。

 

でも、若い夫婦だと貯蓄金額だって少ないし、
親からの援助が受けられない人も多いはずです。

 

でも一生に一度の結婚式をあきらめるのは絶対後悔します!

 

そんな人に知って欲しいのがブライダルローンなんです。

 

ブライダルローンって何?

 

ブライダル

ブライダルローンとは「目的ローン」のひとつとなります。
わかりやすくいうと、結婚のためにかかる諸々の費用を対象とした目的ローンです。

 

車を購入する時には「マイカーローン」、住宅を購入する時には「住宅ローン」と、
それぞれの目的に応じたローンがあるのは知られていますが、
結婚する時にも「ブライダルローン」があり、最近特に若者に人気となっています。

 

もともと海外ではよく利用されているローンだったのですが、やっと日本にもやってきた!という感じですかね。

 

通常のローンでお金を借りるよりも審査基準がゆるめに設定されているので、
他のローンよりも利用しやすいと言われています。

 

 

ブライダルローンを選ぶ時にチェックするべきことはコレ!

 

チェックブライダルローンに含まれる項目には何があるのか?

各業者がブライダルローンを取り扱っていますが、気をつけたいのは何が含まれるのかということです。
自分の利用目的を考えて吟味することが大切です。

 

例えば、一般的な例ではこんな感じでしょうか。

指輪

  • 結婚式費用
  • 婚約指輪費用
  • 新婚旅行費用
  • ブライダルエステ費用
  • 結婚祝いのお返し費用
  • 引越し費用

 

自分たちが必要とする費用がローンに含まれているのかを考えて業者を探すことが重要です。

 

チェック金利はいくらか?

ブライダルローンを組むのであれば、まず使途目的を考えたうえで金利が低いところを探すことをオススメします。
業者はたくさんありますが、消費者金融よりも銀行系カードローンのほうが金利が安い傾向にあります。

 

チェックブライダルローンを組むための条件は?

審査がゆるめとは言われても、もちろん確実に、ある一定の条件は必要となります。

 

条件

年齢

一般的なブライダルローンでは
「満20才以上であること」という年齢制限がついてきます。
もちろん未成年の場合は、親の名義でローンを組むことも可能ですが、
65才以上の場合はローンが組めないところもあります。

 

年収

ローンを組むのですから、まず働いて安定した収入があることが必須条件となります。
年収が一定の金額以上と設定されている業者もあるので必ず確認しておきましょう。

 

ブライダルローンに興味がある方は、対象業者をトップページで詳しく説明していますので比較してみてくださいね!

 

女性による女性のためのおすすめ即日キャッシング3選!